最期に大切な人へ伝えたい

By adminNo Comments

人は、生きる上で大きなステージがいくつかあります。出産、入学・進学、就職。そして結婚。そして、新たな命が生まれるとともに、終わる命があります。そんな大切な人との別れを最高のカタチにする葬儀で、人生最期のシーンに立会いたいですよね。

そんな素敵な葬儀を横浜を中心に、展開しているのがこちら。神奈川県内全域・横浜の葬式、葬儀、家族葬 | 葬儀メモリアルセンター

横浜で葬儀なら葬儀メモリアルセンター

これまでも、数々の葬儀を手がけてきた実績があるからこそ、安心して任せることができます。盛大な葬儀をはじめ、こじんまりとした家族葬まであり、希望に合わせて対応してくれるのも嬉しいポイントです。最近では、特に家族葬の需要が増えていることも背景にあるようです。そのほかにも、サイトでは気になる料金について紹介しているので、まずはサイトで詳しい内容を確認してみてくださいね。かなり良心的な価格設定は業界では一番ということも、重要な項目になりますよね。しかも、追加料金もなしということで、葬儀が終わってから見積もり以上の請求があったという事態も免れます。さらに、24時間自動見積もりで、突然の時でもすぐに対応できます。

突然の別れはとても悲しいことでもありますが、すぐに要望に答えてくれる葬儀業者を抑えておくのも良いかもしれません。

暮らしの情報

年賀状印刷や喪中はがき印刷なら24時間対応のアクセア

By adminNo Comments

毎年年賀状の季節になると、毎年送っている方の中から喪中はがきが届くことがあります。喪中はがきは身内に今年不幸があった場合に「今年は喪に服すため、新年のごあいさつは遠慮させていただく」というメッセージを込めたものです。このはがきをいただくことでその相手の方へは年賀状を送るのを控えるのが一般的です。この喪中はがきは年賀状印刷の時期より前に出すのが礼儀です。すでに印刷し終わる時期だと失礼に当たるからです。

その年賀状を準備する時期までに届くようにするのが目安です。この喪中はがきを出すには自分でデザインして出す方法もありますが、大量に印刷する場合などは手間ひまもかかります。そこでおすすめなのがオンラインで印刷依頼ができるアクセアです。公式サイトはこちらのHP

アクセアの年賀状(2015未年)や喪中はがき印刷は、企業向け・個人向け・写真入りのデザインが豊富に用意されています。自分でオリジナルデザインデータ作成が面倒な方には、デザインと挨拶文例文を組み合わせるだけでカンタンに年賀状や喪中はがき印刷が作れるようになっています。この他、お客様のオリジナルデザインデータや挨拶文を入稿しての印刷も可能です。さらに、宛名印刷および投函代行などのオプションサービスも提供しているので、依頼することで投函まで完了してくれる便利なサービスも用意されています。24時間営業の店頭での受付とウェブサイトからの注文もできるので便利です。年賀状(2015未年)や喪中はがきの印刷ならアクセアのウェブサイトを是非ご覧ください。

サービス
Blue Taste Theme created by Jabox